しわの治療ならプロに相談【診察の流れを事前に確認】

毛穴をクリアにするには

どんな原因かを知る

顔を洗う人

肌の毛穴のトラブルで多いのが黒ずみです。毛穴は常に適度な皮脂を分泌することで外側からの汚れやほこりから肌を守っています。また、汗や皮脂とともに老廃物を排出しているので重要な器官ともいえます。メイクをすれば隠すことができますが、きちんと洗顔などを行わないと改善することはありません。 毛穴の黒ずみの原因はいくつかに分かれます。例えばホコリや古い角質に落とせていないメイクが詰まっている場合は触ってみるとザラザラしています。特に普段ファンデーションを使っていると油分が残ってホコリや化学物質を付着しやすくなります。潤いを奪わないタイプクレンジングを行い、洗顔をしましょう。また、肌が乾燥していたり保湿が不十分な場合は毛穴そのものが広がっています。乾燥していると皮膚を保護しようと皮脂が過剰に分泌されます。過剰分泌されると新陳代謝とのバランスを取れずに、その結果毛穴が詰まって広がり黒ずんで見えるのです。 紫外線をよく浴びる人はメラニン色素の影響で黒ずみが起きている可能性が高いです。このタイプは毛穴そのものに問題はありません。日々の紫外線対策や、スキンケアにメラニンを除去してくれる美白化粧品を取り入れるといいでしょう。黒ずみの原因は様々なものがあるため、自分はどれなのか知った上で治すことが大切です。どんな原因であれ洗顔の際は肌をゴシゴシと強くこすってはいけません。刺激しないように優しく洗顔していきましょう。 また、生活習慣が悪い人は改めて見直してみましょう。脂質の多い食事や偏った食事をおくっていると肌にも影響が出てきます。

適した対策があります

洗顔

お肌に黒ずみが出てきてしまった場合、どのようなケアをしているでしょうか。一言の黒ずみといってもその原因や症状は様々です。お肌は定期的に新しく生まれ変わっていますが、そのターンオーバーの機能は加齢などが原因となり低下することがあります。加齢だけでなく睡眠不足や不規則な生活によりホルモンバランスが乱れることによっても低下することもあります。ターンオーバーが出来なくなると、古い皮膚がそのままになり、お肌全体に黒ずみが出たり、シミが増えるという症状が現れてしまいます。また、毛穴の汚れやニキビの跡などが黒ずんでくることもあります。毎日ケアをしているように見えても、毛穴の奥の汚れが取り切れていなかったり、ニキビ後のケアが適切でなかったりすると黒ずみになってしまいます。また乾燥により黒ずみが生じることもあります。ターンオーバー機能の低下や毛穴の汚れが原因の場合は、酵素洗顔がお勧めです。酵素にはお肌の皮脂や汚れを分解する効果があり、酵素洗顔を使用することでしっかりと汚れを取り除いてくれます。週1〜3回の酵素洗顔を定期的に使用することで、毛穴の黒ずみや顔全体のくすみを解消して、明るくすべすべとしたお肌になります。次に、ニキビ跡が原因の黒ずみの場合には、ビタミンc誘導体など美白効果やメラニン式をを薄くしてくれる成分の入った化粧水や洗顔を利用すると効果的です。乾燥が原因で黒ずみになってしまった場合には、ヒアルロン酸など保湿成分が入った化粧水を利用しましょう。

刺激の少ない洗い方を

顔を洗う人

毛穴の黒ずみを解消する洗顔料は、いろいろなメーカーから何種類も発売されています。泥や炭の粒子が毛穴の汚れを吸着するもの、酵素やフルーツ酸の力で角質を溶かすものなど、働き方も製品によって異なります。古くなった角質が剥がれ、毛穴に詰まった汚れがすっきりと落ちれば、肌の黒ずみも解消されることになります。ただし汚れをよく落とす洗顔石鹸は、肌に必要以上のダメージを与えてしまうことがあるため、使用する際には注意が必要です。微細な粒子にはスクラブ効果があり、肌の表面を削ることで角質を剥がします。またピーリング剤として用いられるフルーツ酸には、強制的に肌の表面を剥がす作用があります。こうした洗顔料で強い刺激を与えつづけると、毛穴のダメージが修復できなくなる可能性があります。また肌が乾燥しすぎると、それを補おうとして皮脂の分泌が盛んになり、かえって黒ずみが目立つことにもなりかねません。効果的に毛穴の黒ずみを解消するためには、まず洗顔の際にゴシゴシと強く擦らないことが大切です。特にスクラブ成分を含んでいる洗顔料は、優しく撫でるように洗うのがポイントです。また洗顔料の成分が肌に残っていると、ダメージを与えつづけることになるため、すすぎは十分に行う必要があります。とりわけ敏感肌や乾燥肌の方は、低刺激性の洗顔料を選び、むりやり黒ずみを落とそうとしないで、毛穴をケアし肌の自然回復力を高めてやることが大切です。